なぜ失敗が表面化しないのか?

最近では結構簡単だ安全だという煽りを受け、100万近い手術費を払ってレーシック手術を受ける人は枚挙にいとまがありません。

ですが実際のところ、ものすごくリスクが高いということを知らずにレーシック手術を受け失敗している人が影に潜んでおります。

しかしなぜ表面化しないのでしょうか?

理由を簡単にまとめると、インターネット上で失敗談が表面化しないようになっているためです。

これは、アフィリエイターと呼ばれる人たちが、超高額報酬を得るためにこぞって宣伝をしているからで、Googleで上位に表示されるサイトは全て宣伝サイトとなっているのが現状です。
また、とんでもない金額が動く市場のためか、マスコミにもあまり取り上げられることはありません。

もちろん、レーシック手術で全員が失敗するわけではありませんので、リスクを踏まえて手術を受けるのは構いませんが、万が一失敗してしまった場合、元々はメガネをかければちゃんと見えていた視界が、矯正不可能になってしまうという可能性があることも考えておくべきです。

軽度の近視のうちに、まずは視力回復トレーニングなどから始めてみることを、私はオススメいたします。