婚外のハードルが低くなっている?

昼顔の影響なのか、婚外恋愛のハードルが低くなっているように感じます。

女性の場合は婚外をどのように考えているのでしょうか?

今の時代だと、最初から結婚と恋愛を分けて考える人も多いように見受けられます。
今は結婚のために、「婚活」が必要な時代ですから、
とりあえずチャンスがあれば恋愛感情はがなくても結婚しておこうかという人も少なくないのでは?

そういう結婚は婚外のハードルも低そうですね。

逆に大恋愛の末に結婚した夫婦であっても婚外の危険性が無いわけではなりません。
たいていの場合が、理想と現実が異なるからです。

結婚する前は男らしく見えたところも、結婚後は強引に思えたり。

相手が医者だから、金持ちだからという理由で結婚をした女性がいます。
たしかに、レーシックの手術費用の高額さから言えば、医者は儲かります。

結婚してみればそこに恋愛感情はなく、夫は体の良いATMとしてしか見なくなる。
そんな夫婦も要るかもしれません。

相手の婚外が気になったら、浮気調査をするしかないのではないでしょうか。
パートナーがスマホを使用していればしめたものです。

Androidアナライザーはスマホに保存された浮気の証拠を調査することができるようです。
浮気しているかもしれないという相手と1つ屋根の下で暮らすのはストレスです。
しっかりと白黒付けておく必要がありますね。

最新のレーシック事情

最新のZレーシックやアイレーシック、イントラレーシックは、従来の「レーシック」に比べ、その安全性と視力回復の効果が飛躍的に向上しています。
しかも、当初行われていたケラトームレーシックの手術料金よりも安くて高品質な視力回復が望めるのです。
従来からの超小型金属刃であるマイクロケラトームを使用した「ケラトームレーシック」はもう古くなり、しばしばフラップ作成時のトラブルや感染症の問題をかかえていたため、現在では高性能コンピューターで制御されたFSレーザーを利用した正確で安全なフラップを作成可能とするイントラレーシックが基本となっています。
事実、イントラレーシックを中心とした手術ではトラブルや感染症は皆無になっています。
そして、最近では個人の眼が持っている「高次収差」をも補正可能とするウェーブフロント技術の導入によりオーダーメイド的なウェーブフロント・イントラレーシックが主流となっています。
また、同じ視力でも「見え方の質」に大きな影響を与えてしまうフラップ作成時に重要な役割を果たしているFSレーザーの研究開発も進み、フラップ面をより滑らかに薄く均一にし、しかも角膜組織へのダメージをより少なくする新しい「FSレーザー」が誕生しています。
それが現時点で活躍している「FEMTO LDV」や「Intralase iFS」です。
これらの「FSレーザー」や「エキシマレーザー」の機種の違いにより「Zレーシック」や「アイレーシック」、「カスタムイントラレーシック」などの名称が付いています。

近年のレーシック

近年、「レーシック」の術式には、さまざまな種類や名称が使用されており少々複雑になっています。
そして、これらの手術を受けようと考えている人は、それぞれの術式の違いや特徴を知っておくことが非常に重要になってきます。
これらの複雑に思える「レーシック」の術式は、まずエキシマレーザーを照射する前に作成するフラップ(角膜に作る薄いフタ)の有無で大きく2つに分類されています。
また、フラップを作成する場合には、手動で操作するマイクロケラトームを使用する従来の「ケラトームレーシック」と、マイクロケラトームの代わりにコンピューター制御されたFSレーザーを使用する「イントラレーシック」に分けることができます。
さらには、この「イントラレーシック」に患者それぞれの個人の眼に最適な「見え方の質」を提供するウェーブフロント技術を導入した「ウェーブフロント・イントラレーシック」や使用機種を限定した「アイレーシック」があります。
最近では角膜組織へのダメージを極力抑えた最新型のFSレーザーである「FEMTO LDV」を用いた「Zレーシック」や照射ズレを防ぐ高次元アイトラッキングシステムを導入した「アマリス」や「Tecnolas217P」などの最新型エキシマレーザーなどが開発・提供されています。
さらには「Intralase iFS」も登場し、その安全性と視力回復効果が飛躍的に向上し、非常に優れた近視治療法となっているのです。

ウェーブフロントとは

「レーシック(英語:LASIK)」とは角膜屈折矯正手術の一種で、目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射し、角膜の曲率を変えることにより視力を矯正する手術です。
LASIKは、正式名称である「Laser(-assisted) in Situ Keratomileusis」の略であり、「レーザー照射を本来の場所に収まったままの眼球に施し、角膜を彫り整えること」の語意があります。
視力矯正手術の種類の一つである「ウェーブフロント」についてご説明します。

「ウェーブフロント(英:Wavefront)」とは、視力矯正手術のひとつであるウェーブフロントレーシックにおいて利用される、角膜や水晶体の収差を解析する手法のことを言います。
ウェーブフロントアナライザといわれる解析装置でデータを測定および分析を行います。
ウェーブフロントレーシックでは近視や遠視・乱視などについて総合的に角膜形状解析を行ったデータをもとに、ウェーブフロントアナライザがガイドしてレーシック手術を行います。
角膜の形状異常に対しガイドのない従来のレーシックに比し、角膜高次収差に対して解析をおこなっているウェーブフロントレーシックの方が乱視の矯正については理論上有利となっています。
ただし全ての症例に有効なわけではなく、円錐角膜などの角膜形状異常には適応外です。
またハードコンタクトレンズでの乱視矯正には遙かに劣り、乱視の種類によっては乱視用眼鏡の矯正にすら劣る症例があります。

ラセックとは

「レーシック(英語:LASIK)」とは角膜屈折矯正手術の一種で、目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射し、角膜の曲率を変えることにより視力を矯正する手術です。
LASIKは、正式名称である「Laser(-assisted) in Situ Keratomileusis」の略であり、「レーザー照射を本来の場所に収まったままの眼球に施し、角膜を彫り整えること」の語意があります。
視力矯正手術の種類の一つである「ラセック」についてご説明します。

「ラセック(英:LASEK)」とは、アルコールを使用して角膜上皮のみの薄い蓋(フラップ)を作成し、エキシマレーザーを照射し、視力を回復する屈折矯正手術の術式の一つです。
名称は「Laser-Assisted Sub-Epithelial Keratectomy(レーザー照射による角膜上皮下の切除)」あるいは「Laser Epithelial Keratomileusis(レーザー照射による角膜上皮の彫刻)」の略称です。
1999年にイタリア人医師Camellinによって考案されました。
角膜上皮のみのフラップは数日で再生します。
そのため通常のレーシックと異なり、強い眼の衝撃でもフラップがずれることはありません。
PRKやエピレーシック(EPI-LASIK)などと同様に表面照射という術式に分類されます。
他の表面照射の屈折矯正手術と同様にボーマン膜をレーザーで除去し、角膜実質層を削ることで視力を回復します。

記憶術
2ちゃんねるまとめサイト作成
ページランクを調べる
NHKオンデマンド無料ダウンロード
オークション初心者